九州大学大学院医学研究院眼科分野 九州大学医学部 眼科

文字サイズ

言語

見学申し込み

研修シナリオ(医学生向け)

眼科が選択肢に入っている場合のマッチング先はどうやって決めたらいいの?

シナリオ1 眼科MAXプランがおススメです!

「眼科医になる!」 九大病院で2年間、眼科MAXプログラム

 美咲さんは、ベッドサイドとクリクラを通じて眼科に興味を持ち、将来の進路は眼科に決定。「初期研修でもできるだけ眼科を回って早く一人前の眼科医になりたい!」という強い気持ちから、2年間の大学病院での初期研修を選択。必修である内科、救急、地域医療に加えて、13ヶ月間(1年目選択必修外科2ヶ月+2年目自由選択11ヶ月)眼科を研修することに決めた。
 大学は症例が豊富で、多くの眼科の先輩方から熱心で実践的な指導を受けられ日々成長を実感!
 知識や技術が身についてきた2年目後半からは主治医に準じて診療を行い、充実した研修生活を送っている。

 眼科の先輩方は実践的かつ正確に指導をしてくれ、研修医のうちから眼科医としての仕事もどんどんやらせてもらい、自分の目指す眼科医としてのビジョンをより確固たるものにしている。眼科の様々な先輩方と濃密に接することで、自分の眼科医としての将来像もはっきりし、後期研修やその後のキャリアアップに向けた目標も明確になってきた。

こういう人にオススメ

  • 将来は眼科医!
  • 早く眼科の診療技術を身につけたい!

永吉 美月

先輩からのアドバイス

 九大病院総合プログラムを選択し、1年目で眼科をまわった際の眼科の楽しさがどうしても忘れられず、入局を決めたきっかけとなりました。助手として手術に入らせていただいたおかげで手術の楽しさを実感しました。また働き方も多様であり、ライフスタイルにあわせやすいと考えました。1年目から実際に患者さんの診察をしたり手技も経験できたり、少しでも眼科に興味がある方であれば是非おすすめしたいプログラムです。2年目からは病棟医と同様に患者さんを担当し、担当医として、またチームの一員として診療する責任感を実感しました。日々の疑問と患者さんの治療が直結するため、ますます勉強しなければという思いが深まりました。
 眼科は分野が幅広く、また専門性も高いため、早くから研修を行うことで、眼科医としてのスタートを切りやすくなります。大学で経験する症例は一つ一つが貴重なものであり、教科書を執筆されるような先生方から直接指導していただくことで更に理解を深められます。また実際に大学病院に所属することで、入局後の自分をイメージしやすく、将来の選択肢も広がるのではないかと思います。
 みなさんの九大眼科での研修をお待ちしています!

九大病院総合プログラム(定員17)

関連ページ