九州大学大学院医学研究院眼科分野 九州大学医学部 眼科

文字サイズ

言語

見学申し込み

研修シナリオ(医学生向け)

眼科が選択肢に入っている場合のマッチング先はどうやって決めたらいいの?

シナリオ1 眼科MAXプランがおススメです!

「眼科医になる!」 九大病院で2年間、眼科MAXプログラム

 一郎くんは、ベッドサイドとクリクラを通じて眼科に興味を持ち、将来は眼科が大本命。「初期研修でもできるだけ眼科を回って早く一人前の眼科医になりたい!」という強い気持ちから、2年間の大学病院での初期研修を選択。必修である内科、救急、地域医療に加えて、13ヶ月間(1年目2ヶ月+2年目11ヶ月)眼科を研修することに決めた。
 大学は症例が豊富で、多くの眼科の先輩方から熱心で実践的な指導を受けられ日々成長を実感!
 知識や技術が身についてきた2年目後半からは主治医に準じて診察や手術を担当しており、充実した研修生活を送っている。

 眼科の先輩方は実践的かつ正確に指導をしてくれ、研修医のうちから眼科医としての仕事もどんどんやらせてもらい、自分の目指す眼科医としてのビジョンをより確固たるものにしている。眼科の様々な先輩方と濃密に接することで、自分の眼科医としての将来像もはっきりし、後期研修やその後のキャリアアップに向けた目標も明確になってきた。

こういう人にオススメ

  • 将来は眼科医!
  • 早く眼科の診療技術を身につけたい!

白根 茉利子

先輩からのアドバイス

 眼科は診察から検査、治療に至るまで手技が多く、習得に時間がかかります。私は学生の時から眼科医になると決めいていたため、できるだけ早く知識や手技を学びたいと思い、眼科を最大13ヶ月研修できる九大病院総合プログラムを選択しました。
 九大の研修医は主に病棟業務に参加し、入院患者さんを担当・診察することになります。忙しい外来と違い自分のペースで患者さんの診察ができること、外病院ではなかなか診る機会のない疾患を経験できること、各分野に精通した先生が揃っており、医局会やカンファレンスを通して疾患の理解を深められることが大学研修のメリットではないかと思います。
 研修医のうちにある程度自分で診察・検査の手技を習得して、眼科医としてスムーズなスタートを切りたい方にはオススメのプランです!

九大病院総合プログラム(定員17)

関連ページ