九州大学大学院医学研究院眼科分野 九州大学医学部 眼科

文字サイズ

言語

見学申し込み

先輩に聞く!

Interview01 自分が成長する為に

密度の濃い眼科研修を送ることができる

 私は母校でもある九州大学病院で2年間の初期臨床研修を過ごし、2019年4月に九州大学眼科学教室に入局しました。
 学生時代は漠然と外科系の診療科に興味を抱いていたものの、内科も外科も、回る診療科のそれぞれに惹かれましたし、5年生の11月に眼科で実習するまでは眼科に入局することをそこまでは考えていなかったと思います。
 5年生における眼科の実習期間は一週間と短かったですが、指導して下さる先生方の丁寧さ、医局会での活気、手術手技の繊細さ、ウェットラボでの興奮、教授の熱意、その全てが私を強く魅了しました。一言で表すならば、一目惚れであったと思います。私はとても欲張りなので、内科も外科も扱うことができるというのも魅力の一つでした。
 その後、6年生で一ヶ月実習させていただき、より一層入局を強く意識するようになりました。研修病院として母校の大学病院を選んだのも、眼科を一番長く回ることができ、密度の濃い眼科研修を送ることができると考えたからでした。
 結果として、初期研修1年目の2ヶ月と2年目の11ヶ月を眼科で過ごすこととなり、予想していた以上に充実した研修生活を送ることができました。優しく丁寧な先生方にご指導いただいたこともあり、眼科を選ぶことを後悔したことは一度もありません。私は大学病院から出たことがないので、目にする疾患は市中病院と異なる部分もあるでしょうが、珍しい疾患に触れ、とてもアカデミックな議論に接することができました。
 今後眼科医としてキャリアを積む中で、臨床にも研究にも大いに興味がありますし、将来自らがどうありたいか、その為には何をすべきか、常に自身に問いかけながら過ごしたいと思っています。優秀で仲のいい同期から刺激を受け、目標とする先生方の姿を見ながら日々研鑽していますが、自分が成長する為には、九州大学眼科学教室は最適な環境であると考えています。
皆さんも是非一緒にここ九州大学から、これからの日本の、世界の眼科学を盛り上げていきましょう。

他の先輩のインタビューを見る

  • 下川 桜子
  • 石龍 悠
  • 石津 将崇
  • 秋山 雅人
  • 納富 昭司
  • 登根 慎治郎
  • 橋本 左和子
  • 田邊 美香

関連ページ