九州大学大学院医学研究院眼科分野 九州大学医学部 眼科

文字サイズ

言語

見学申し込み

目の病気よろず相談室

目の病気よろず相談室
  • ぶどう膜炎
  • 網膜硝子体疾患
  • 加齢黄斑変性
  • 網膜色素変性
  • 緑内障
  • 眼腫瘍
  • 甲状腺眼症
  • 眼瞼下垂・眼瞼内反症
  • 涙道閉塞症
  • 未熟児網膜症
  • 斜視

網膜硝子体疾患

専門外来のご案内
網膜もうまく硝子体しょうしたい疾患とは

動画で解説

 眼球はカメラに例えることができます。カメラのフィルムに当たるものものが網膜です。黒目を通して眼球に入ってきた光が網膜に当たり、視神経を介して脳に信号を伝える結果、物が見えることになります。

 網膜の中でも"黄斑"と呼ばれる目の中心にあたる凹みの部分は、最も重要な機能を担っています。物を見るとき、主にこの黄斑で物を見ています。したがって、この部位が傷害されると著しく視力が低下したり、物がゆがんで見えたりします。
 また眼球の中にある、透明でゼリー状の組織が硝子体です。この組織が出血などにより濁ると、網膜への光の到達を邪魔することがあります。

網膜硝子体疾患について詳しく

網膜硝子体疾患の症状

 網膜硝子体疾患の代表的なものとして、網膜剥離、糖尿病網膜症、網膜血管閉塞症、黄斑上膜、黄斑円孔などがあり、病気によって症状も様々です。
網膜硝子体疾患が疑われる主な症状は、黒い点や蚊が飛んでいるように見える「飛蚊症」、視力低下、歪み、視野異常などがみられます。

1.網膜剥離について

 眼球は網膜、脈絡膜、強膜の3つから構成されており、網膜が脈絡膜から剥がれてしまうのが網膜剥離です。
網膜剥離は、網膜にあいた穴から水が入り込んで網膜が剥がれる「裂孔原性網膜剥離」、増殖糖尿病網膜症などでみられるような網膜が増殖膜によって前方にひっぱられることによって起こる「牽引性網膜剥離」などがあります。

 網膜剥離が生じると、硝子体に混濁が起こり黒い点や蚊が飛んでいるように見える「飛蚊症」や、視界の中心や端に光が見えたりチカチカしたりする「光視症」という症状等が出現します。
さらに網膜剥離が進行すると視力の低下、視野の欠損が出現します。

  治療方法は、初期であれば外来での網膜光凝固術(レーザー治療)を行い、病状が進行している場合には入院での手術が必要になります。入院での手術の方法には目の外側から行う強膜内陥術と、目の中から行う硝子体手術があります。
強膜内陥術は外から穴の位置に当て物をして穴を閉鎖させ、更に網膜の下にたまった水を外から抜くことで網膜を元の壁にくっつけます。

  硝子体手術では、目の中から直接網膜を元の正常な位置に戻します。また網膜を押さえつける目的で、最後に目の中にガスやシリコンオイルを入れることがあります。ガスの場合、網膜が接着する頃にはガスは自然に目の中で作られる水と置き換わってなくなってしまいますので、押さえつける効果は一時的ですが、1回の手術で済むことが多いです。シリコンオイルの場合効果は長期続きますが、目の中にいれたオイルを抜くためにもう一度手術が必要になります。

どの治療法であっても一度の手術で網膜剥離が治らないこともあり、その時には再度手術が必要になります。若い方の網膜剥離では強膜内陥術を、年配の方の網膜剥離では硝子体手術を行うことが多いですが、個人個人の病状に合わせて最適な治療法を選択できるよう努めています。また、緊急手術を含め迅速に治療ができる環境を整えています。

2.糖尿病網膜症について

 糖尿病網膜症は、高血糖状態が長期間継続したことにより起こる糖尿病の眼合併症です。
現在日本において中途失明原因の3位となっております。糖尿病網膜症は微小血管が傷害されることで、血管の閉塞とそれに続く出血を起こします。糖尿病網膜症は病状の進行状態によって、単純糖尿病網膜症、前増殖糖尿病網膜症、増殖糖尿病網膜症に分けられます。

 前増殖糖尿病網膜症の段階までは、網膜光凝固術(レーザー治療)によって治療が可能ですが、増殖糖尿病網膜症にまで進行すると、著しく視力が低下し手術が必要になることが多いです。硝子体手術によって、出血や目の中にできた、かさぶたのような膜を取り除いたり、合併する網膜剥離を治したりします。
 また、糖尿病網膜症に血管新生緑内障が合併することがあり、その場合には緑内障の治療も必要です。また手術を行っても、糖尿病のコントロールが不良であるとさらに網膜症が進行していくため、 手術後も内科にしっかり通院することが重要です。

3.網膜血管閉塞症について

 閉塞部位により、網膜中心静脈閉塞症、網膜静脈分枝閉塞症などにわけられます。いずれも動脈硬化が原因の一つを担っており、高齢者や全身疾患をともなった若年者に発症します。静脈系の閉塞では網膜の出血が起こり、黄斑浮腫を伴うことがあります。
治療として、線溶療法や抗凝固療法、網膜光凝固術などを行いますが、後述する黄斑浮腫を伴う場合はステロイドや抗VEGF薬といった薬物療法や、硝子体手術を行います。

4.黄斑上膜について

 網膜上に線維膜ができるもので、特に黄斑の上に形成されたものを黄斑上膜といいます。呼び方は、黄斑前膜や黄斑パッカーなど様々です。この膜により網膜にシワが生じたり、牽引がかかり、視力の低下や物がゆがんで見えるといった症状を引き起こします。明らかな原因疾患のない特発性のものや、網膜裂孔に対する光凝固術や冷凍凝固術後、ぶどう膜炎、網膜血管腫などの疾患に続発して起こるものがあります。
 治療は、硝子体手術で形成された膜を取り除きます。

5.黄斑円孔について

 黄斑円孔とは硝子体の収縮による黄斑部の牽引が原因で、黄斑に丸い穴(円孔)が開いてしまう病気です。症状としては物がゆがんで見えたり中心部が見えなくなったりします。進行の程度によって、主に4つの段階に分類されています。初期の段階では自然に治ることもありますが、進行すると治療が必要になります。
治療は、硝子体手術を行い硝子体を切除してガスを留置します。円孔閉鎖のために重要なのは術後にうつぶせの姿勢を取ることです。うつぶせになることで円孔周囲の網膜がガスでおさえつけられ円孔が閉鎖します。

6.黄斑浮腫について

 網膜の中でも"黄斑"と呼ばれる目の中心にあたる部分は、最も重要な機能を担っています。物を見るとき、主にこの黄斑で物を見ていることになります。
したがって、この部位が傷害されると著しく視力が低下したり物がゆがんで見えたりします。黄斑浮腫とは、この黄斑に水ぶくれができてむくんでいる状態です。前述の網膜静脈閉塞症や糖尿病黄斑症などに伴って生じます。

 また、浮腫を増悪させる因子として、VEGFというタンパク質が重要であることが分かっています。VEGFを阻害する薬剤を眼内に投与する治療法(抗VEGF薬硝子体注射)が開発され、わが国でも加齢黄斑変性、糖尿病黄斑浮腫、近視性脈絡膜血管新生などに認可されています。
抗VEGF薬硝子体注射によって視力の向上や病気の進行の遅延が可能となりましたが、一方で定期的に注射を継続する必要があり、病気を根本的に解決することは難しいという側面もあります。
その他の治療法としてレーザー治療やステロイド投与、硝子体手術などを行うこともあり、それぞれ患者さんと相談しながら治療を進めています。

当院の特徴

 当院では上記の様な網膜硝子体疾患の患者さんの状態に合わせて硝子体注射を含めた内科的治療や手術の方法を検討します。
そして、早急な治療が必要である網膜硝子体疾患に対しての緊急手術に対応できる様な体制や、難症例に対しても治療を行える体制を整えています。

日本眼科学会

関連ページ