九州大学大学院医学研究院眼科分野 九州大学医学部 眼科

文字サイズ

言語

見学申し込み

研究業績

オープンアクセスジャーナルはPDFをダウンロード可能です。

in pressへのログイン

2020年

原著

  • 1.Decrease in the number of microaneurysms in diabetic macular edema after anti-vascular endothelial growth factor therapy: implications for indocyanine green angiography-guided detection of refractory  Mori K, Yoshida S, Kobayashi Y, Ishikawa K, Nakao S, Hisatomi T, Masatoshi Haruta, Ishibashi T; Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. 258(4):735-741, 2020/04/01
  • 2.Dimensionality reduction to biobank-driven genomic data enlightens the finest-scale genetic, evolutional and phenotypic structure within the Japanese population.  Sakaue S, Hirata J, Kanai M, Suzuki K, Akiyama M, Too CL, Arayssi T, Hammoudeh M, Emadi SA, Masri BK, Halabi H, Badsha H, Uthman IQ, Saxena R, Padyukov L, Hirata M, Matsuda K, Murakami Y, Kamatani Y, Okada Y; Nat Commun. 11:1569, 2020/03/26
  • 3.Trans-biobank analysis with 676,000 individuals elucidates the association of polygenic risk scores of complex traits with human lifespan Sakaue S, Kanai M, Karjalainen J, Akiyama M, Kurki M, Matoba N, Takahashi A, Hirata M, Kubo M, Matsuda K, Murakami Y, FinnGen Project, Daly MJ, Kamatani Y, Okada Y; Nat Med 2020/03/24 [Epub ahead of print]
  • 4.Genetic variants associated with the onset and progression of primary open-angle glaucoma Mabuchi F, Mabuchi N, Sakurada Y, Yoneyama S, Kashiwagi K, Iijima H, Yamagata Z, Takamoto M, Aihara M, Iwata T, Hashimoto K, Sato K, Shiga Y, Nishiguchi KM, Nakazawa T, Akiyama M, Kawase K, Ozaki M, Araie M, for the Japan Glaucoma Society Omics Group (JGS-OG); Am J Ophthalmol. 2020/03/23 [Epub ahead of print]
  • 5.GWAS of 165,084 Japanese individuals identified nine loci associated with dietary habits Matoba N, Akiyama M, Ishigaki K, Kanai M, Takahashi A, Momozawa Y, Ikegawa S, Ikeda M, Iwata N, Hirata M, Matsuda K, Murakami Y, Kubo M, Kamatani Y, Okada Y; Nat Hum Behav. 4:308-316, 2020/03/19
もっと見る

総説

  • 1.Innate immune response in retinal homeostasis and inflammatory disorders. Murakami Y, Nakao S, Ishikawa K, Sonoda KH; Prog Retin Eye Res. 74:100778, 2020/01/01
  • 2.GWASを読み解くための戦略 秋山雅人; 実験医学 38:527-532, 2020/02/20
  • 3.前眼部非色素性腫瘍性病変ー眼表面扁平上皮新生物、結膜悪性リンパ腫、副涙腺嚢胞 田邉美香; あたらしい眼科 37:3-13, 2020/01/30
  • 4.序説:眼腫瘍における最新画像診断活用アトラス 田邉美香, 古田実, 石橋達朗; あたらしい眼科 37:1-2, 2020/01/30

著書

  • 1.サルコイドーシス(眼科) 武田 篤信; 今日の治療指針 2020年度版 1:1542-1543, 2020/01/01
  • 2.感染性眼内炎 石川桂二郎; 今日の治療指針 2020年版 1:1551-1553, 2020/01/01
  • 3.眼内腫瘍 田邉美香; 今日の治療指針 2020年度版 1:1564-1565, 2020/01/01

一般口演・ポスター発表

  • 1.AO-SLOによる網膜色素変性における早期錐体細胞変化の検出 中武俊二, 村上祐介, 舩津淳, 池田康博, 石橋達朗, 園田康平; 第36回 大分大学眼科研究会, 大分県, 2020/02/22
  • 2.九大眼科における小児ぶどう膜炎の特徴 福田洋輔, 長谷川英一, 山名智志, 白根茉利子, 武田篤信, 八幡信代, 園田康平; 九州大学眼科研究会, 福岡県, 2020/02/15
  • 3.九州大学における抗がん剤関連涙道閉塞について 高木健一, 田邉美香, 吉川洋, 園田康平; 九大研究会, 福岡県, 2020/02/15
  • 4.未熟児網膜症に対するベバシズマブ硝子体注射後の神経発達 森雄二郎, 有馬充, 秋山雅人, 藤原康太, 井上 普介, 関瑛子, 中間崇仁, 塚本晶子, 落合 正行, 大賀 正一, 園田康平; 九州大学眼科研究会, 福岡県, 2020/02/15
  • 5.眼付属器リンパ腫に対するFDG-PET検査における最大標準化取り込み値(SUVmax)の検討 舩津治彦, 田邉美香, 秋山雅人, 山名佳奈子, 高木健一, 関瑛子, 左野裕介, 吉川洋, 園田康平; 九州大学眼科研究会, 福岡県, 2020/02/15
もっと見る

その他

  • 1.これからのTreat and Extend 〜Q12/Q16 そして休薬〜 大島裕司; Ophthalmology Web Conference nAMD治療におけるアイリーアの新提案 in 2020 福岡県, 2020/04/03
  • 2.検診による緑内障の早期発見と治療 村上祐介; 結核予防センター研修会 福岡県, 2020/02/28
  • 3.病態を考慮したDME治療 抗VEGF療法抵抗例も含めて 中尾新太郎; DMEの最適な治療を考える 東京都, 2020/02/22
  • 4.AMD治療戦略〜疾患活動性とFluid~ 大島裕司; AMDメディカルWEB講演会 福岡県, 2020/02/21
  • 5.長寿社会に向けて目の健康を考える 園田康平; 九州大学医師会市民公開講座 福岡県, 2020/02/17
もっと見る

関連ページ

関連リンク